モデルさんや女優さんのようなスラッとした脚になりたい……引き締まった長い脚になりたい……自分が理想とする脚の細さを手に入れるためには、その美しさの裏で多くの努力が払われています。

その1つの方法として脚やせエステを受けている人もいる事でしょう。そこで、脚やせエステは具体的にどのような方法で脚を細くするのかを解説していきます。

ハンドマッサージ

脚やせエステには様々なプランがありますが、その1つにハンドマッサージがあります。これは、エステティシャンの手によりマッサージをしてもらう方法です。

これは固まった筋肉をほぐしていき、セルライトもほぐして解消してくれる場合もありますし、また、リンパの流れを良くしてくれるリンパマッサージとなる場合もあります。

このハンドマッサージは、後ほど取り上げるマシンを使った施術を行った後に併せて行うエステサロンも多くあります。自分の脚の状態に合わせて、適切なプランを教えてもらうと良いでしょう。

ハンドマッサージを受ける注意点として、エステティシャンの技術によって仕上がりが変わってくるという点です。人気のある技術の高い人は、なかなか予約が取れない場合や、費用も高くなる場合もあるでしょう。

キャビテーション

脚やせエステでよく使用されるマシンがキャビテーションです。これは、細くしたい部分に超音波をあてることで気泡を生じさせて、脂肪細胞に刺激を与えて溶かしていく方法です。

まず体を温めてからキャビテーションをあてることにより、溶かしやすくなります。そして、溶けだした脂肪が体外に排出されるように、キャビテーションの後にハンドマッサージをするエステもあります。

凸凹になった肌、セルライトで悩んでいる人はこのキャビテーションを用いられることが多いでしょう。

EMS

脚やせエステでよく用いられる方法の3つ目はEMSです。これは、電流をあてて筋肉を刺激して、運動をして筋肉を鍛えているのと同じ状態にする方法です。

運動せずに筋肉を鍛えることができるわけです。筋力をアップさせることで代謝が良くなり、脂肪が燃焼しやすい状態になります。

ですから、脚の状態にもよりますが、まずはキャビテーションなどで脂肪を減らしてからEMSを使って筋肉量を増やしていくという方法が用いられる場合もあります。

まとめ

脚やせエステの方法について3つほど取り上げました。どんなことが行われるのか少しはイメージできたでしょうか?

あなたの脚の状態に合わせて適切な方法で施術を受けることで、モデルさんや女優さんのような脚を手に入れられるかもしれません。

エステサロンに行ったら、自分の要望をしっかりと伝えて、メリットやデメリットを考慮して施術を受けるようにしましょう。