「妊娠中で体重が増えたし、むくみが強いから脚を細くしたい」「妊娠前から脚やせエステに通っているけれど、妊娠中も通い続けていいの?」こんな疑問やお悩みを抱えているママさんは意外に多いです。

このページでは妊娠中に脚やせエステに通っても良いのか、危険性はあるのかについてご紹介していきます。大切な赤ちゃんを守るためにも、ぜひ参考にしてください。

妊娠中に脚やせエステに通っても良いの?

妊娠中に全くエステに通ってはいけないわけではありません。ですが、妊娠初期、安定期に入る前はおすすめできません。

妊娠初期はつわりがあったり、突然体調に変化が生じたりするからです。そして、妊娠中期、後期に入っても、機器(マシン)を使った施術、キャビテーションやEMSなどは避けましょう。

そして、妊娠が分かって、エステに行っている場合は必ずエステ側に伝えてください。エステによっては妊娠中には一切施術を行わないところもあるでしょう。その場合はスタッフの指示に従うようにしてください。

妊娠中に行える施術について

妊娠中にはどのような施術なら行ってもよいでしょうか?基本、妊娠中は痩せるためのエステを受けることは避けます。

ですから、脂肪やセルライトを機器やハンドマッサージなどで揉み出すことは避けてください。赤ちゃんへの影響、体への負担がかかる可能性があるからです。

妊娠中、特に後期になってくると、脚のむくみを経験する人が多いでしょう。また体型の変化によって脚の疲れを感じたりすることもあります。

そこで、軽くオイルマッサージ、アロママッサージをするようなエステ、リラックス効果を目的としたエステなら良いかもしれません。

ただしその場合も、体勢によっては長時間になると体に負担がかかることもあるので、注意が必要です。

妊娠中に自分で行えること

妊娠中はダイエットを一旦、止めて赤ちゃんの成長、安全を最優先しましょう。太り過ぎることも良くないので、食事に注意を払い、栄養バランスの取れた食生活を送るなどして、赤ちゃんに負担をかけないような仕方で体重をコントロールするようにします。

そして、筋トレなど力が入るようなダイエットは避けましょう。安定期に入れば、体調を見ながら無理のない程度にウォーキングをするといったことがよくすすめられています。

妊娠中は脚やせエステは避けよう!

妊娠中に脚やせエステを受けても良いのかについて取り上げました。ダイエット目的のエステは危険があるため避けて、通う場合はリラックスできる程度のマッサージにしてもらいましょう。

そして、エステ側に必ず妊娠していることを伝えて、赤ちゃんやお母さん自身にも危険が生じないように注意してください。